PR

ライフ ライフ

北海道は大雪警戒継続を 交通障害や高波の恐れ

前のニュース

気象庁
気象庁

 北海道はオホーツク海側を中心に湿った重たい雪が降り続き、日本海側を中心に雪を伴う非常に強い風が吹き、海がしけそうだ。気象庁は31日、大雪や猛吹雪、吹きだまりによる交通障害、高波に警戒を呼び掛けた。流氷が激しく動くため船の航行には注意が必要だ。

 気象庁によると、2月1日午前6時までの24時間降雪量はオホーツク海側60センチ、日本海側北部40センチ、その他の地域20センチ。1日にかけての最大風速(最大瞬間風速)は日本海側北部の海上20メートル(30メートル)、陸上20メートル(35メートル)、その他の地域の海上20メートル(30メートル)、陸上16メートル(30メートル)。波の高さは日本海側南部6メートル、その他の海域5メートル。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ