PR

ライフ ライフ

新型肺炎、国内12例目の感染確認 三重県在住の50代男性

 厚生労働省は30日、中国・武漢市での滞在歴がある三重県在住の50代男性が新型コロナウイルスに感染し、肺炎を発症していたことを明らかにした。国内での新型肺炎の感染確認は12例目。

 厚労省によると、男性は昨年12月24日~今年1月13日に武漢市に滞在。帰国時に症状はなかった。25~26日に38度の発熱があり、27日に救急搬送で三重県内の医療機関を受診したが、肺炎の診断はなく、自宅で静養した。28日にも39度の発熱がみられたため、29日に医療機関を再診。肺炎と診断され、入院したという。

 男性は帰国後、マスクを着用していたと説明。厚労省は、武漢市内での行動歴について確認を進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ