PR

ライフ ライフ

無症状でも「陽性」、高まる感染リスク 新型肺炎

帰国した日本人3人の新型コロナウイルス感染を受け、会見する厚生労働省健康局結核感染症課の日下英司課長=30日午前、東京・霞が関(寺河内美奈撮影)
帰国した日本人3人の新型コロナウイルス感染を受け、会見する厚生労働省健康局結核感染症課の日下英司課長=30日午前、東京・霞が関(寺河内美奈撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が発生した中国・武漢市から日本に引き上げ、症状のなかった男女2人からウイルスが検出されていたことが30日、明らかになった。武漢市では軽症者や症状がない人からも感染が起き、拡大に歯止めがかからなくなったとの見方もあり、日本国内でも警戒感が高まっている。

 厚生労働省によると、無症状で感染が確認された2人は、帰国後に千葉県内のホテルで宿泊。別々の部屋で過ごしており、武漢滞在中に感染した可能性が高いという。ただ2人とも相部屋を割り当てられており、部屋で一緒に過ごした帰国者たちの容体チェックが今後、重要となる。

 懸念されるのは、こうした無症状の人からの三次感染の広がりだ。今回は、政府が帰国者に念のために検査を受けてもらった結果、陽性が判明したが、通常の入国時の検疫で見抜くことは難しい。厚労省は無症状の人がウイルスの感染源になるかどうかは「不明」との立場で、2人の感染者に肺炎症状が現れるかといった経過を注意深く観察していくとする。

 一方、中国では無症状の人や軽症者から感染が広がり、感染者が爆発的に増えたともいわれる。重症急性呼吸器症候群(SARS)対策の陣頭指揮に当たった地域医療機能推進機構の尾身茂理事長は「症状がなくても他の人に感染する可能性はあり、対策をとっていく必要がある」と指摘する。

 2月7日には新型肺炎を「指定感染症」に指定する政令が施行される。症状がある患者に対しては強制入院や就業制限などが可能となるが、症状が出ていない人に対して、強制措置を行う法的根拠はない状況だ。厚労省は「感染症は感染者の重篤度や広がりやすさで対策が変わってくる。状況を慎重に見極めていく」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ