PR

ライフ ライフ

武漢から邦人帰国も募る不安 「いつまで続くのか」

羽田空港から出る救急車=29日午前、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)
羽田空港から出る救急車=29日午前、東京・羽田空港(鴨川一也撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎が猛威をふるい封鎖された中国・武漢から第1陣となる邦人206人が29日午前、帰国した。封鎖からおよそ1週間、食料やマスクが品薄となり、衛生状態の悪化も叫ばれる中、日本政府のチャーター機から降り立った邦人の顔には明るさが差した。ただ、体調不良を訴える帰国者もいるほか、国内での感染確認も広がりを見せる。「いつまで続くのか」。見通せない収束に国民や関係者の不安がのぞく。

 チャーター機は予定より1時間余り遅れ、29日午前8時40分ごろ、羽田空港に到着した。空港には100人を超える報道陣が詰めかけ、検査のために全乗客を医療機関に運ぶ大型バスも集結。万一の体調不良を訴える邦人に対応するため、救急車20台も準備された。

 一般の旅客機の乗り入れは規制され、ものものしい雰囲気に。武漢を出発した際の検査では「発症者はいない」とされていたが、機内では数人に発熱やせきなどの症状が見られたとする情報も舞い込み、緊張も走った。

 到着便から降り立った邦人は一様にマスク姿。症状確認の邦人は救急車で感染症指定医療機関の荏原病院(東京都大田区)に搬送され、残る乗客も検査のためバスで国立国際医療研究センター(新宿区)に運ばれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ