PR

ライフ ライフ

新型肺炎、新たに3例 奈良、愛知、北海道で確認 武漢渡航歴ない日本人も

羽田空港国際線到着フロアには中国・武漢市の新型コロナウイルス関連肺炎が発生の注意喚起の看板が掲げられ、利用客はマスク着用していた=28日午後、羽田空港国際線ターミナル(矢島康弘撮影) 
羽田空港国際線到着フロアには中国・武漢市の新型コロナウイルス関連肺炎が発生の注意喚起の看板が掲げられ、利用客はマスク着用していた=28日午後、羽田空港国際線ターミナル(矢島康弘撮影) 

 厚生労働省は28日、国内で新たに3例の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。1人は奈良県在住の60代の日本人男性で、バス運転手として感染が拡大する中国湖北省武漢市からのツアー客を乗せたが、同市への渡航歴はなかった。ツアー客からうつった可能性が高く、確認されれば国内で人から人に感染した初の事例。国内感染とみられる日本人の確認も初。残る2人は武漢市在住の40代男性と40代女性で、それぞれ愛知県と北海道で肺炎と診断された。国内で感染が確認された患者は計7人となった。

 運転手の男性は8~11日に大阪から東京へ武漢市からの中国人ツアー客31人を乗せ、12~16日には東京から大阪へ29人を乗せた。男性が所属するバス会社によると、山梨、奈良にも立ち寄った。客は全員帰国した。男性は14日にせきなどの症状が出て、17日に奈良県内の医療機関を受診。25日に肺炎と診断された。症状は改善し重症ではないが、奈良県の医療機関に入院している。

 残る2人のうち、40代男性は20日から日本を訪問。26日に愛知県の医療機関で肺炎と診断され、入院中だが、症状は比較的軽い。40代女性は21日に来日。北海道の医療機関で27日に肺炎と診断されたが、状態は安定している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ