PR

ライフ ライフ

新型肺炎、「国は楽観視しすぎ」と大阪府知事 厚労省の情報発信に不信感

吉村洋文大阪府知事(前川純一郎撮影)
吉村洋文大阪府知事(前川純一郎撮影)

 中国・武漢からのツアー客を乗せた奈良県の男性バス運転手が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、大阪府の吉村洋文知事は28日、男性が府内に滞在していたかは不明として「国はほとんど(情報を)公表していないが、楽観視しすぎているのではないか」と述べ、厚生労働省などの情報発信のあり方に疑問を呈した。府庁で記者団の取材に答えた。

 大阪市の松井一郎市長も同日、自身のツイッターで「感染拡大を抑えるためにも、武漢からのツアー客がどのようなルートを観光したのか厚労省は開示すべきだ」と訴えた。

 大阪ではこれまでに感染者は確認されていないが、府は同日、府民向けの相談窓口を29日から開設することを決めた。吉村知事は「明らかに人から人に感染している。感染力が強いウイルスだということを前提に対応を取りたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ