PR

ライフ ライフ

群馬県 新型肺炎で対策呼びかけ 中国人インバウンドにも 研究所も検査準備急ピッチ

日本、中国語、英語の3カ国語で対応を呼びかける群馬県のチラシ
日本、中国語、英語の3カ国語で対応を呼びかける群馬県のチラシ

 中国湖北省武漢市を中心に感染拡大が続く新型コロナウイルスの肺炎について、群馬県はマスク着用など感染防止対策の周知に乗り出した。中国からの訪日観光客(インバウンド)にも対応を呼びかける。

 ホームページに感染対策のポイントを掲載。マスク着用や、せきエチケットの励行のほか、海外渡航後に体調が悪化した人には、医療機関に渡航歴と症状を事前連絡した上で早めに受診するよう求める。

 また、春節休暇を利用して県内を訪れた中国人インバウンドは相当数に上るため、県は受け入れ宿泊施設向けに「せきやくしゃみが出るときはマスクを着けてください」と日本語、中国語、英語の3カ国語で大書したチラシ(PDF版)を作成、配布を始めた。

 施設には、せきエチケットや手洗いの啓発▽マスク配布▽消毒用アルコールの設置-などの協力を求める。

 発生に備え、県衛生環境研究所(前橋市)での検査態勢の構築にも着手。感染の疑いがある人に速やかに遺伝子検査を行うための整備を急ピッチで進めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ