PR

ライフ ライフ

ローム創業者の佐藤研一郎氏が死去

ローム創業者の佐藤研一郎氏(同社提供)
ローム創業者の佐藤研一郎氏(同社提供)

 半導体大手、ローム(京都市右京区)の創業者で取締役の佐藤研一郎(さとう・けんいちろう)氏が15日、閉塞性黄疸(へいそくせいおうだん)のため死去した。88歳。葬儀は近親者で行った。お別れの会などは予定していない。

 立命館大理工学部在学中に、電気回路用の部品、小型抵抗器を発明して実用新案を取得し、卒業後の昭和33年、京都市内でロームの前身となる東洋電具製作所を設立。半導体に取り組み、IC(集積回路)の自社開発にも成功した。

 平成22年の退任まで半世紀以上、社長として経営を指揮。28年に取締役で復帰した。工場の自動化や電気自動車の開発強化の波に乗り、連結売上高約3900億円の世界的な半導体メーカーに成長させた。

 学生時代にピアニストを目指していたことから音楽への造詣が深く、3年に音楽財団「ロームミュージックファンデーション」を設立。指揮者の小澤征爾氏による若手音楽家育成プロジェクトも支援するなど、文化活動にも注力した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ