PR

ライフ ライフ

新型肺炎で中国湖北省「渡航中止勧告」 外務省レベル3に

 外務省は24日、中国・武漢市で新型コロナウイルスによる肺炎が発生したことをめぐり、感染症危険情報について武漢市を含む湖北省への渡航中止を勧告する「レベル3」に引き上げたと発表した。外務省は23日に武漢市への不要不急の渡航をやめるよう促す「レベル2」にしたばかりだった。

 茂木敏充外相は24日の記者会見で「武漢市でも患者数がますます増えている。感染のさらなる拡大も想定される」とレベル引き上げの理由を説明した。「中国政府とさまざまなレベルで連携を行っている。必要な状況が生まれたら政治レベルでもコンタクトを取りたい」とも語った。

 政府は武漢市での在留が確認されている約710人の日本人について、メールや電話での安否確認を進めている。感染症危険情報のレベル3は、4段階の危険度のうち、レベル4(退避勧告)に次いで高い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ