PR

ライフ ライフ

新型肺炎で青森県が会議 「通常の感染対策の徹底を」

中国・武漢の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の発症者の手当てをする医療関係者=22日(共同)
中国・武漢の病院で新型コロナウイルスによる肺炎の発症者の手当てをする医療関係者=22日(共同)

 中国・武漢市から感染が広がった新型コロナウイルスによる肺炎問題を受け、青森県は24日、庁内の危機情報連絡員による会議を開き、これまで取った措置と今後の対応について確認した。

 県によると、国際線も就航している青森空港に同市から帰国した人で体に不調があった場合に申し出るポスターを掲示するとともに、青森市の県観光物産館「アスパム」や県立美術館などの観光施設では、従業員の手洗いを励行。

 同日から中国で春節(旧正月)が始まったことを受け、県民の間には来県客による感染拡大を懸念する声もあり、県保健衛生課の原田邦弘課長は「過剰に反応せずマスクの着用、手洗いなど通常の感染対策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ