PR

ライフ ライフ

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」12 幻の武将像? 東と西の縁結ぶ

素鵞神社に保存されている陶器製の武者像
素鵞神社に保存されている陶器製の武者像
その他の写真を見る(1/2枚)

 茨城県那珂(なか)市瓜連(うりづら)にある素鵞(そが)神社から、南北朝時代の武将、楠木正家(まさいえ)とみられる陶器製の立像が発見されたのは平成29年の秋。正家は楠木正成(まさしげ)の親族とされ、南朝方として瓜連城を拠点に、北朝方の佐竹一族と死闘を繰り広げた人物だ。極端に史料が少なく「幻の武将」とされる。

 西野則史宮司が、東日本大震災で傾いた社殿を修繕するため宝物を整理していたところ、牛頭(ごず)天王像や奉納鏡に交じって、高さと幅が約25センチ、奥行き約20センチの見慣れない木箱に気付いた。木箱の前蓋(ふた)には墨で「楠正家郷」と記されており、侍(さむらい)烏帽子(えぼし)に直垂姿(ひたたれすがた)で左腰に太刀を帯び、左手に矢立てを、欠け落ちた右手には筆か鏃(やじり)のようなものを握った陶器製の武者像が収められていた。西野宮司は「うちが祭っているのは素戔嗚命(すさのおのみこと)。なぜ正家像が、と驚きました」と振り返る。

 正家について、『大日本史』はこう記す。

 <蔵人(くろうど)と為り、左近衛将監(さこんえのしょうげん)に任ぜらる。延元元年、正成に代り兵を将(い)ゐて常陸に赴き、瓜連の地に城(き)きて…(中略)…後正行(まさつら)と倶(とも)に高師直(こうのもろなお)を四條畷(しじょうなわて)に拒(ふせ)ぎ、克(か)たずして之に死す>

 正家は、後醍醐天皇による「建武の中興」が足利尊氏の反旗によって崩れた延元元(1336)年2月、瓜連に派遣された。瓜連は尊氏の出身地・下野(しもつけ)(栃木県)に近く、さらに南朝の勢力が強い陸奥国(むつのくに)(東北地方)への入り口という要衝地だ。この地を重視した後醍醐天皇は正成を配置し、正成は重用していた正家を代官として派遣した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ