PR

ライフ ライフ

【最新電脳流行本事情】沸騰前からアチチ、令和にバズった30年前の本 ツイート数の年間ランキング

その他の写真を見る(1/4枚)

 出版取次業者や大手書店が、昨年1年間の本のベストセラーランキングを発表している。それに対抗するなんておそれ多いが、昨年収集した読書関連ツイートを基に年間のつぶやかれた本ランキングを作ってみた。1位は樹木希林さんの本ではなく、ちまたの「売れた本」ランキングとは様相が異なる「読まれた本」ランキングという感じ。おそれ多いが発表します。(渡部圭介)

■沸騰前からアチチ

 職場にはびこる関西出身の人々から「値打ちこくな!」といわれるので、結論から書く。1位は小野不由美さんの十二国記シリーズのプロローグ(エピソード0)『魔性の子』で、平成3年の作。

 シリーズの本編として18年ぶりの新作『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』(新潮文庫)1~4巻が10、11月に発売されたことが大きな要因だが、4月からツイートが伸びている。新作にかかわるところがあるだけに、復習して新作に備えた人が多かったとみえる。

 実をいうと件数のトップは『白銀-』だったが、ツイートをつぶさに読むと1巻ずつ感想をつぶやいた人も多い。ツイート件数を4で割るというファンから見れば統計不正に手を染めた。結果『白銀-』は13位になったが、代わりに『魔性の子』がトップに立ったので許してほしい。

 シリーズは12の国がある異世界の物語だが、『魔性の子』は現代日本が舞台。謎に満ちた高校生をめぐる物語だが、後半はちょっと付いていけないし、救いがない。初心者は本編第1作(エピソード1)以降を読み、世界観に慣れてから手に取った方がいい。

■衝撃の上陸、衝撃の厚み

 2位は中国の作家、劉慈欣(りゅう・じきん/リウ・ツーシン)さんのSF小説『三体』(早川書房)。3部作の第1作で、本国ではシリーズ累計2100万部を記録した話題作だとか。登場するエリート科学者の一人は父が物理学者だが文化大革命で惨殺されていて、中国の「黒歴史」も垣間見る。

 発売は7月だが、本国では2008年。表紙の帯に「現代中国最大の衝撃作、ついに日本上陸」とうたう通り、3センチはある本の厚みに衝撃を受ける。さらに早川書房ということで海外作品が苦手な私は尻込みしたが、訳者に3人の名が連ねているだけはある読みやすさ。

(次ページ)「このミス」選ばれた『屍人荘の殺人』や…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ