PR

ライフ ライフ

東京・世田谷区史サイト 資料無断掲載 研究者不信感あらわ

準備中と表記され、閲覧できない状態の「世田谷区の歴史」コーナー
準備中と表記され、閲覧できない状態の「世田谷区の歴史」コーナー

 世田谷区がホームページ上に開設した区の歴史をまとめた「世田谷デジタルミュージアム」に、研究者らの作成した資料や著作を一時無断で掲載していたことが23日、分かった。昨年10月の区議会で指摘を受け、区はサイト全体を閉鎖。昨年12月から徐々に再開しているが、著作権の精査に時間がかかり、現在も3割程度が閲覧できない状態となっている。

 令和4年に区制90周年を迎える区は、平成29年に区史の編纂(へんさん)委員会を立ち上げた。古代や中世、近現代など各分野の専門家ら約30人が分担して区の歴史を執筆し、29年に本格的な区史の前段階として小冊子「世田谷往(おう)古(こ)来(らい)今(こん)」を発行した。

 一方で区教委は昨年4月、区の歴史に関連する文書や写真などを集めたネット上の博物館「デジタルミュージアム」を開設。その際、区史編纂委員会の事務局から世田谷往古来今などに掲載した資料や文章の提供を受けたが、引用元などを示さずに掲載していた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ