PR

ライフ ライフ

産経国際書展 産経新聞社賞に静岡から2人

産経国際書展新春展で産経新聞社賞を受賞した藁科紅渕さん=富士宮市(那須慎一撮影)
産経国際書展新春展で産経新聞社賞を受賞した藁科紅渕さん=富士宮市(那須慎一撮影)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「第36回産経国際書展新春展」(産経新聞社、産経国際書会主催)で、静岡県内からは、長泉町の中村光枝さん(70)と、富士宮市の藁科紅渕(こうえん)さん(43)が一般公募部門の最高賞である産経新聞社賞に輝いた。多数の全国公募の中から栄えある賞に選出された2人に受賞の喜びと書への思いなどを聞いた。

【中村光枝さん】

 「まさか(最高賞を)取れるとは思っていなかったので、びっくりしました」。これまで十数回の応募で奨励賞を3回受賞しているが、「まだ勉強中」との思いから驚きを隠せない。それだけに所属する尚友会の小杉修史会長から電話で「おめでとうございます」と受賞の報を伝えられたときも「正月のあいさつには早いしなあ」と首をかしげたと笑った。

 受賞作は、現代書の「一字創作」という手法によるもので、「動」の字を題材に選んだ。題材として何を書くかを考えた際、「年齢とともに、心のときめきがなくなり、体が動かなくなってきたと感じていた。自分を励ます意味で選びました。いろんなことにときめいていたいので」と話す。

 展覧会への出品作は、尚友会が沼津市内の小学校体育館で実施する錬成会で書き上げている。ブルーシートを敷き、墨で汚れても大丈夫な服を着て、雄大に大きな筆を一気に振るう。応募作は縦長の和紙に「どう長く、動いているように書くか」を試行錯誤。「もっと(字を)崩してもよかったかな」と不満を残すが、師事する鈴木真眼(しんがん)先生からは躍動感を評価されたという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ