PR

ライフ ライフ

30億人大移動 新型肺炎、水際の成田“厳戒”

 「最近、マスク姿の外国人が増えた気がする」。東京・浅草の仲見世通りで和装の服飾や雑貨を扱う女性店主(75)は不安の色を浮かべた。

 浅草で日本文化体験施設や観光人力車を運営する「時代屋」は、施設などにアルコール除菌液を置き、観光客らに手の消毒を促した。ただ、観光客に対応する担当者の言葉が相手に聞き取れなくなる恐れがあり、「営業中のマスク着用は難しい」と訴える。「水際で食い止めてもらうしかない」。他の店主も一様に口をそろえた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ