PR

ライフ ライフ

新型肺炎対策、春節控え宿泊施設に消毒剤 山梨県

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、宿泊施設に配る手指用消毒剤を受け取った市町村職員=23日、山梨県庁(渡辺浩撮影)
新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受けて、宿泊施設に配る手指用消毒剤を受け取った市町村職員=23日、山梨県庁(渡辺浩撮影)

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大を受け、山梨県は県内の約1400のホテルや旅館に手指消毒剤の配布を始めた。中国の春節(旧正月)に伴う24~30日の大型連休で富士山周辺などへの観光客が増えるため、感染予防を徹底する。

 23日には県庁で市町村の担当者に対する説明会が行われ、県幹部が感染防止には手洗いが重要であることや、体調の悪い人が出たときの対応方法などを説明した。

 配布された消毒剤はエタノール(エチルアルコール)が主成分。コロナウイルスにはアルコール消毒が有効とされている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ