PR

ライフ ライフ

香港でも初の発症者 高速鉄道で訪問

中国・武漢の鉄道駅で、利用客の体温を測定する医療関係者=22日(新華社=共同)
中国・武漢の鉄道駅で、利用客の体温を測定する医療関係者=22日(新華社=共同)

 【香港=藤本欣也】香港メディアは22日、香港で同日、新型コロナウイルスによる肺炎の発症者が初めて確認されたと報じた。

 発症したのは、中国湖北省武漢市を経由して香港入りした男性。21日夜、中国の高速鉄道で香港入りした際、発熱の症状があったことから隔離して検査が行われていた。

 香港に隣接するマカオでも22日、初の発症者が確認されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ