PR

ライフ ライフ

【教科書が教えない 幻の堺幕府】嫉妬、疑心、裏切り…連合政権、崩壊前夜の人間模様

 京都に近く、日明貿易などで経済的にも潤っている堺に拠点を置いた足利義維(よしつな)と細川晴元、三好元長。この事実上の中央政権はわずか5年で幕を閉じることになる。その原因は、よくある話だが、「内紛」だった。功労者・元長に対する嫉妬と疑心、そして裏切り…。「堺幕府」崩壊前夜の人間模様に迫りたい。(古野英明)

潜んでいた崩壊の芽

 大永7(1527)年、室町幕府第12代将軍・足利義晴と管領(かんれい)・細川高国らが京都から近江(滋賀県)に逃れ、もぬけの殻同然となった京都に代わり、堺に事実上の幕府が機能することになった。義晴の兄弟で、近い将来に征夷大将軍になる者が就くポスト「左馬頭(さまのかみ)」に任ぜられた義維がトップ、高国の義理の甥(おい)で、阿波細川家出身の晴元がナンバー2、そして阿波細川家の家臣で軍司令官を担う元長がナンバー3という陣容だった。

 当時の権力構造は複雑だった。応仁元(1467)年の応仁の乱以降の混乱で足利将軍家は弱体化し、将軍を補佐する管領が実権を掌握。斯波(しば)、細川、畠山の「三管領」の中でも、細川家が確固たる地位を築いていた。

その他の写真を見る(1/3枚)

 こうしたことから、「堺幕府」の実権は事実上の管領である晴元にあってしかるべきところだったが、大永7年当時、晴元は10代前半とまだ若く、事実上の将軍・義維も10代後半。20代の元長が主導権を握っていたとされる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ