PR

ライフ ライフ

新聞販売店と連携、引きこもりの若者の就労をNPOが後押し

 和歌山県美浜町のNPO法人が地元の新聞販売店と連携し、引きこもりの若者の社会復帰支援に取り組んでいる。10年以上引きこもっていた30代男性はさまざまな人々との交流を機に、昨夏から新聞販売店で働き始めた。成果は周辺自治体に注目され今春、6自治体が引きこもり者支援事業を委託する予定で、NPOはさらなる支援拡充を目指している。(小笠原僚也)

 美浜町の隣、御坊市にある産経新聞御坊販売所にアルバイトとして勤務する釜中隆行さん(32)。週6日、地元紙の折り込みや自転車での新聞配達をこなしている。

 年上の先輩が多いが、気さくに会話し、てきぱきと仕事をする釜中さん。だが、実は高校時代から10年以上自室に引きこもり、ゲームに明け暮れる日々を送った。「周囲はみんな“敵”だと感じていた」と当時を振り返る。

 心配した母親が人づてに見つけたのが、引きこもりを長年研究してきた精神科医で和歌山大学名誉教授の宮西照夫氏(71)が平成27年に設立し、理事長を務める支援団体のNPO法人「ヴィダ・リブレ」(同県美浜町)。スタッフも多くは引きこもり経験者で、現在は医師や臨床心理士などとして活躍している。「プチ家出の家」の看板を掲げて毎週土曜、引きこもりの若者たちの交流の場「Amigo(アミーゴ)の会」を開催していた。

 釜中さんが母親に会への参加を勧められたのは一昨年夏。それまで何も言わなかった母親から「私が死んだら、あんた独りになるよ」と言われて初めて、「真剣に心配されているんだ」と気づいたという。

 昨年3月末、初めて会に参加。長年インターネットでは人とつながっていたが、家の外で実際に他人と話すのは久しぶりだったため、「最初はすごく緊張して疲れた」が、「新鮮で、刺激的でもあった」と振り返る。そこで知り合ったのが現在の勤務先、産経新聞御坊販売所の大前章浩所長(34)だった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ