PR

ライフ ライフ

【ビブリオエッセー】花は咲き、心の歌に 「はるかのひまわり」加藤いつか(苦楽堂)

 関西を中心に活躍されている杉山千絵さんという女性ジャズシンガーがいる。月に一度はライヴに通うようになって十三年。他のお客から「追っかけ!」と言われることもあるが、それは間違いないので笑って応えている。

 きっかけはラジオのジャズ番組だった。映画『ひまわり』のテーマ曲に歌詞を付けた「LOSSOFLOVE」が流れ、衝撃と感動を覚えたのだ。歌っていたのが千絵さんだと知り、さっそく彼女のライヴに赴き、この曲をリクエストした。

 二十五年前、神戸を襲った未曾有の大地震。わが家は全壊し、父は寝間着姿のまま亡くなった。母は三時間ほど瓦礫から抜け出せなかったが、近所の方々に助けていただき無事だった。

 阪神・淡路大震災は様々に語り継がれてきたが、中でも十一歳で亡くなった加藤はるかさんの住んでいた場所に咲いたヒマワリは、復興の象徴として全国で花を咲かせ、今は皇居の庭にも咲いている。そのエピソードを姉のいつかさんがはるかさんへの思いと感謝をこめて書いた本が『はるかのひまわり』だ。そんなヒマワリは私にとっても特別な存在になった。

 瓦礫から救い出された私の母も一年前、九十五歳を前に穏やかに旅立った。今度、千絵さんのライヴに行ったら久しぶりに『ひまわり』のテーマ曲をリクエストしてみようか。両親にも会えるかもしれない。きっとこみあげるものがあるだろう。でも他のお客さまの手前、声を出して泣くわけにはいかないが…。

 神戸市東灘区 佐野武 62

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ