PR

ライフ ライフ

【教科書が教えない 幻の堺幕府】軍事、経済、地理的に有利 下克上を可能にしたまち

 大永7(1527)年、室町幕府第12代将軍・足利義晴と管領(かんれい)・細川高国を京都から追放し、事実上の「将軍」となった足利義(よし)維(つな)と「管領」になった細川晴元らは、上洛(じょうらく)を急がず堺に本拠を置いた。情勢を見極めるまでの“仮住まい”だったとされるが、それは別にしても、堺というまちはさまざまな面でメリットがあったようだ。なぜ堺だったのか、その理由は-。(古野英明)

元長の祖父の時代から

 「堺幕府」が成立したとき、事実上の将軍・義維は10代後半、事実上の管領・細川晴元は10代前半とまだ若年者で、2人を補佐役としてリードしていたのは、晴元の出身である阿波(あわ)(徳島県)細川家の家臣で、20代の年長者である三好元長だった。堺に畿内の拠点を置くというのも、軍事を握っていた元長主導で進められたと推測される。

その他の写真を見る(1/2枚)

 三好家と堺の縁は深い。堺幕府や三好家と堺の関係について検証し発信する活動を展開している「堺・ちくちく会」の代表世話人、竹内魁成(かいせい)さんは「最初に堺に目をつけたのは元長の祖父・之長(ゆきなが)でした」と話す。

 之長は、高国と細川管領家の家督争いをしていた阿波細川家の澄元(晴元の父)の後見人で、京都にいることが多かった。そこで京都に近く、本拠地の阿波と海路で行き来するのに都合のよい堺を第2の拠点とすることを思い立った。江戸時代に書かれた堺の地誌「全堺詳志(ぜんかいしょうし)」には、永正元(1504)年、之長が京都から堺に来て、「一大宅を泉州(せんしゅう)海船の浜(堺のこと)において起こさんと欲して」館の建設工事を始めたと記されている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ