PR

ライフ ライフ

令和に注目「食べる花」 豊富な栄養素は…

エディブルフラワーを使った料理(エフ鳥取提供)
エディブルフラワーを使った料理(エフ鳥取提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 料理の食材として使うことができる「エディブルフラワー(食用花)」が近年、「インスタ映え」するとして人気が高まっている。だが、見た目の美しさだけではなく、栄養素が多く含まれている種類もあるという。令和は「食べられる花」に注目だ。

冬はパンジー、ビオラ

 ワサビのようなツーンとした辛みがあるナスタチウム、酸っぱさがあるベゴニア、甘い香りがするノースポール…。鳥取市で食用花を生産、販売する「エフ鳥取」のビニールハウス。昨年末に訪れると、13種類約3千株の色とりどりの花が植えられていた。

 「季節に応じた種類や色の多さに食用花の魅力を感じる」と同社の中山修社長。冬にお薦めなのがパンジーとビオラ。色の種類が多く、くせがないので、どの料理にも合わせやすいという。

 もともと東南アジアや欧米で料理に用いられてきた食用花。見た目の美しさもさることながら、ビタミン類など栄養価の高さも魅力の一つ。すべての花の成分が解明されているわけではないが、種類によっては栄養が豊富といい、中山社長は「キンセンカやスイートアリッサムは抗酸化作用の高いポリフェノールを多く含んでいる」と話す。

ジェラートの材料に

 シャキシャキとした歯応えがあり、野菜や果物と同じ感覚で食べられると注目され、SNS(会員制交流サイト)の影響などで国内でも近年、若い女性を中心に人気を集めている。

パックで販売されるエディブルフラワー=鳥取市
パックで販売されるエディブルフラワー=鳥取市
その他の写真を見る(2/3枚)

 鳥取市内で生花店を営む中山社長も、そうした需要の高まりに着目して新会社を設立した。

 同社では12人のスタッフがビニールハウス内で手作業で栽培。食の安全を確保するため、農薬や化学肥料は使わず、害虫駆除にはハエトリ紙などを使用する。

 色が薄かったり傷ついたりした花はドライフラワーにして出荷。出荷先で塩と混ぜてフラワーソルトにしたり、ジェラートの原料になったりしている。

 一輪あたりの単価は20~30円。現在は県内を中心に出荷するが、今後は関西や関東にも販路を拡大したい考え。来年度3800万円、2年後に1億円の売り上げを目指している。

(次ページ)人気の食べられる花は続々…「鳥取ナシの花」「ラッキョウの花」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ