PR

ライフ ライフ

【第162回直木賞】「近年まれにみる大きなスケール」 浅田次郎選考委員が講評

【第162回芥川賞・直木賞】会見に臨む「熱源」で直木賞を受賞した川越宗一さん=15日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)
【第162回芥川賞・直木賞】会見に臨む「熱源」で直木賞を受賞した川越宗一さん=15日午後、東京都千代田区(川口良介撮影)

 川越宗一さんの「熱源」(文芸春秋)に決まった第162回直木賞。15日に東京都内で開かれた選考委員会の後、委員の浅田次郎さんが会見に臨み、選考経過について説明した。主な内容は以下の通り。

 「今回は初ノミネートの方が多く(4人)、混戦が予想されました。1回目の投票で川越さんが一歩抜きんでた形になり、第2回投票に4作が残りました。激論の結果、樺太(サハリン)を舞台にした川越さんの『熱源』に決定しました」

 「川越作品は、近年まれにみる大きなスケールで小説世界を築きあげておりました。登場人物も生き生きと魅力的に描かれており、しかも相当難しい史料を駆使して大きな小説を書かれました」

 --第2回投票の議論の流れは

 「3作を残すか、4作を残すかで議論になり、4作残りました。3作は『熱源』と、小川哲さんの『嘘と正典』(早川書房)、誉田哲也さんの『背中の蜘蛛(くも)』(双葉社)。それに湊かなえさんの『落日』(角川春樹事務所)を加えるかの議論でした。

 決選投票では、決定的な差ではないものの、川越さんが相当な点数を取り、小川さんが次点でした」

 --川越さんも小川さんも初ノミネート。作品の評価を分けた点は

 「川越作品は、ある意味でオーソドックスな構えを持った小説らしい小説。しかもスケールが大きいという特徴もある。小川さんの評価も高かったし、この人は(発想の点で)天才じゃないかと思いますが、ストーリーの膨らまし方がまだ足りないのではないか、という指摘もありました。つまり、分かりづらいということです。大衆小説のタイトルたる直木賞に関しては、普遍性、大衆性、分かりやすさが不可欠ではないか-というのが私の意見です」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ