PR

ライフ ライフ

【第162回芥川賞】「受賞作なしをなんとか避けられた」 島田雅彦選考委員が講評

第162回芥川賞に決まった古川真人(ふるかわ・まこと)さん
第162回芥川賞に決まった古川真人(ふるかわ・まこと)さん

 第162回芥川賞が15日発表され、古川真人(まこと)さん(31)の「背高泡立草(せいたかあわだちそう)」(すばる10月号)に決まった。選考会後、選考委員の島田雅彦さんが会見に臨み、選考経過について説明した。概要は次の通り。

 「フタが開いた当初は、受賞作なしの結果になるのではないかという気配が濃厚に漂っており、たいへん重苦しい空気にも関わらず活発な議論が展開され、“受賞作なし”という最悪の事態を避けることができたのは喜ばしい感じであります」

 --初回投票での順位は

 「通例、選考が始まったと同時に投票いたします。具体的に過ぎない形で結果を申し上げると、高尾長良(ながら)さん(27)の『音に聞く』(文学界9月号)はきわめて厳しい評価で、最初の段階で受賞は難しいということになってしまいました。次いで乗代(のりしろ)雄介さん(33)の『最高の任務』(群像12月号)も(〇△×評価の)×が多い評価でした。3番目に木村友祐さん(49)の『幼な子の聖戦』(すばる11月号)が〇1つで、あとは△と×。×の方が多いかな、という感じでした」

 「5作の中で比較的評価が高かったのは千葉雅也さん(41)の『デッドライン』(新潮9月号)と古川さんの作品でした。今回はみんな辛口で、手元の投票の一覧を見ると、×が多いですね。〇が2つしかない。全体としてかなりシビアな評価だったということは申し上げておく必要があります」

 --投票は全部で何回?

 「1回目の投票後、そのままいくと受賞作なしになってしまうので、そこは擁護演説を展開して、評価を翻してくれる方を期待する形で進むわけですね。それが奏功した結果、最終的に古川さんの受賞となった」

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ