PR

ライフ ライフ

共通テストの徹底検証求める 検討会議初会合で文科相

萩生田光一文部科学相
萩生田光一文部科学相

 来年度から実施される大学入学共通テストで、改革の柱とされた英語民間検定試験と国語・数学の記述式問題の導入が見送られたことを受け、文部科学省は15日、入試改革の在り方を議論する検討会議の初会合を開いた。萩生田光一文科相は冒頭、「見送らざるを得なくなった経緯の検証を踏まえ、今後の議論につなげてほしい」と述べた。

 検討会議の委員は教育専門家や教育関連団体代表ら18人で、三島良直(よしなお)・東京工業大前学長が座長に就任。原則公開で、今年末までに結論を出す予定だ。民間試験については活用の是非を含め白紙の状態から議論し直し、記述式については共通テストではなく、各大学が個別試験で実施するよう促す方策が話し合われるとみられる。

 15日の初会合では、東京大大学院の両角(もろづみ)亜希子准教授(高等教育論)が「これまでの議論を徹底的に検証すべきだ。それがなくては同じ失敗を繰り返す」と指摘。前回の制度設計に携わった委員もいるため、萩生田氏も「一回は雰囲気の悪い会議をやってもらった方がいい」と徹底検証の実施に同調した。

 また、受験機会の平等性をめぐっては、低所得世帯などへの配慮を求める声が上がった一方、「現実的に(全ての受験生に)平等性を担保するのは難しい」とする意見も出るなど、委員間で温度差も見られた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ