PR

ライフ ライフ

【加藤智一の好印象レッスン】睡眠環境を整えて

 血色のいい肌を保つためには、日々の睡眠環境が大切。というのも、深い眠りにつくことで、疲労感をリセットできるからです。そこで、安眠を促すために、ぜひ実践していただきたい工夫が2つあります。

 一つめは、就寝前は黄色みを帯びた白熱灯の照明で過ごすこと。比較的まぶしく感じやすい蛍光灯の下にいたり、スマートフォンを眺めたりしていては目が覚めてしまいます。間接照明などで寝室はもちろん、リビングの明かりも整えると、より眠りに入りやすくなるでしょう。

 もう一つは、就寝前に体を温めることです。人は体の表面の熱を拡散し、「深部体温」を下げることで、睡眠を促される性質があります。このことから、就寝前の浴槽浴で体を温めるのは入眠に有効なのです。

 浴槽浴をしない場合でも、あらかじめ寝具を温めておけば同様の環境が整います。寝具が放熱するにつれて、次第に眠りにつけるでしょう。この2つの工夫を実践することで、疲労感をリセットしましょう。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ