PR

ライフ ライフ

【動画あり】三十三間堂で新春恒例の通し矢 京都

三十三間堂で「通し矢」 晴れ着姿で弓矢の腕を競う新成人ら =12日午前、京都市東山区の三十三間堂(永田直也撮影)
三十三間堂で「通し矢」 晴れ着姿で弓矢の腕を競う新成人ら =12日午前、京都市東山区の三十三間堂(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 京都市東山区の三十三間堂で12日、伝統競技「通し矢」に由来する弓の引き初め「大的(おおまと)全国大会」が行われ、晴れ着姿の新成人ら約1600人が腕前を競った。

 江戸時代、三十三間堂の長さ約120メートルの軒下で、武士が一昼夜かけて射通し、矢の数を競った行事が起源とされる。現在は約60メートル先に置かれた直径1メートルの的を狙う。

 射場には艶やかな振り袖にたすきをかけた新成人の女性たちが整列。姿勢を正して弓を構え、きりりとした表情で次々に矢を放っていた。

 同市上京区の京都女子大2年、加藤紫都香(しづか)さん(20)は「歴史あるお堂の隣で矢を射ることを楽しみに、1年前から本格的に練習を重ねてきた」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ