PR

ライフ ライフ

【日本人の心 楠木正成を読み解く】第4章 現代に生き続ける「楠公さん」(10)ゆかりの地に私学が伝える理念

再現された楠木正成像=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影)
再現された楠木正成像=大阪府千早赤阪村(恵守乾撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪府内唯一の村・千早赤阪村の山間部。楠木正成(くすのき・まさしげ)が鎌倉幕府軍を迎え撃ち、約100日間の籠城戦を展開した地の一角に、私立浪速学院(高校・中学校)=大阪市住吉区=の校外学習施設「多聞尚学館(たもんしょうがくかん)」は建つ。施設の名は、正成の幼名・多聞丸にちなんでいる。

 もともとは廃校になった旧村立多聞小学校だった。そこを購入し、改修して平成21年春に開設した。シンボルは校内に建つ騎馬武者姿の正成像。別の村立小学校(廃校)にあった像を基に3Dプリンターで再現した。本体部分は高さ約1・5メートル、幅約1・2メートル、奥行き約0・5メートル。FRP(繊維強化プラスチック)製で、29年12月に設置した。

 生徒たちは、泊まり込みで弱点克服や難関大学を目指す講座を受け、金剛山登山の拠点などとしても利用する。利用者は年間延べ約6千人。コンビニが一軒もない山村は、勉学や鍛錬の場として格好だ。

 「卒業生から『(合宿中は)しんどかったが、仲間と集団生活の中で頑張ることができたのは、貴重な経験だった』という話を聞きます」

 高校教頭の栗林清和さんはそう話す。「学力向上とともに、多聞尚学館が心の鍛錬で貢献していると思います」

 〈汝(なんじ)はすでに十歳に余れり。一言(いちごん)耳の底に留まらば、わが教誡(きょうかい)に違(たが)ふ事なかれ。(中略)今生(こんじょう)にて汝が顔を見ん事、これを限りと思ふなり〉

 湊川の戦いに赴く正成が、数え11歳の嫡子・正行(まさつら)に後事を託した「桜井の別れ」を、『太平記』はそう記す。正成は、私の教えが耳に残ったならばそれに背かないようにしなさい、と諭す。その場面は唱歌「楠公の歌」になって、学校教育が始まった近代日本で親しまれた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ