PR

ライフ ライフ

【教科書が教えない 幻の堺幕府】拠点どこ? 三好の居所か“将軍”の御座所か

 室町時代後期、堺には幻の中央政権「堺幕府」が存在した-。大永7(1527)年、応仁の乱以降の混乱が続く畿内で、将軍・足利義晴と管領・細川高国の軍勢が京都を後に敗走した。幕府軍を破ったのは義晴の兄弟である足利義維(よしつな)と高国の義理の甥(おい)の細川晴元、そして阿波の武将、三好元長。一行は阿波から海路入った堺に拠点を置き、そこに事実上の幕府が成立する運びとなったが、さてその堺幕府の本拠は一体どこにあったのだろうか。(古野英明)

 堺の街はこれまで度重なる火災や戦災などで焼けたため、明確に所在地を記した記録などはほとんど残っておらず、謎のベールに包まれている。

堺幕府の中枢があったとみられるエリア
堺幕府の中枢があったとみられるエリア
その他の写真を見る(1/3枚)

 そんな中、「堺幕府終焉(しゅうえん)の地」とされる顕本寺(けんぽんじ)に本拠が置かれていたとする説がある。

町衆の信者が多い寺

 顕本寺の菅原善隆(ぜんりゅう)住職によると、当時の武将は寺に滞在することが多く、大永7年に堺へと上陸した元長は、堺で力を持つ町衆の信者が多い法華宗の顕本寺に居を構えたとされる。まだともに10代だった若年の義維と晴元を、20代の年長者の元長がリードしていたことから、「顕本寺=幕府説」となったのだろう。

 顕本寺は現在、堺市堺区宿院町東にあるが、元和元(1615)年の大坂夏の陣で街全体が焼けた後の移転先であり、室町時代には開口(あぐち)神社(同区甲斐町東)の付近にあったと伝わる。ちなみに同神社境内の片隅には、元長が自害した跡であることを示す石碑「三好元長戦死跡」(昭和35年、堺市建立)も立つ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ