PR

ライフ ライフ

【本郷和人の日本史ナナメ読み】尊敬する人、漱石先生

夏目漱石(大正元年)=国立国会図書館蔵
夏目漱石(大正元年)=国立国会図書館蔵

 ■史料編纂所との意外な縁?

 ぼくは夏目漱石をたいへんに尊敬しています。すばらしい小説を書いたから、だけではありません。その生き方がすごい。帝大の英文学の教職をスパッとやめて筆一本の生活に入ったこと。文学博士号を授与されたにもかかわらず、そんなものは不要と返上したこと。ぼくは自分が一人では何もできない無能な人間だと熟知しているので、東大の史料編纂(へんさん)所員の地位にしがみついています。また、だれもぼくの業績を評価してくれなかったので、とにもかくにも博士号を取得しようとあくせくしていました。20代半ばからの10年間は、それが人生の大目標でした。そんなぼくからすると、漱石先生はあまりにかっこいい。かっこよすぎです。

 漱石はご存じのようにまず松山中学で教鞭(きょうべん)をとり、熊本の五高に移ります。そこからロンドンに留学して、帰国してから一高と帝大で英文学を教えました。これまた文学好きにはよく知られることですが、五高での英語の前任者はラフカディオ・ハーン、すなわち小泉八雲でした。しかのみならず帝大の前任者も八雲でした。漱石には何の責任もないのですが、八雲を追い立てるようなかたちになったのです。

 八雲は帝大では「ヘルン先生」と呼ばれていたようですが、とても人気のある教師でした。ですから八雲がやめ、新しくイギリス帰りの若い(漱石は八雲より17歳年少)先生が教壇に立つことを忌避する学生がたくさんいました。八雲は古き良き日本を紹介してすでに世界的な名声を得ていましたが、当時の漱石は俳句の世界では注目されていたものの、ぼくたちの知る「文豪」ではありませんでしたので、学生たちの反発はもっともです。

 漱石を嫌った一人が川田順でした。彼はヘルン先生のいない文科(文学部)なんて、と法科(法学部)に転じてしまいました。卒業後は住友に入社。常務理事にまで出世します。その間、佐佐木信綱門下の歌人としても活躍。戦後は皇太子(いまの上皇陛下です)の作歌指導や歌会始選者をつとめました。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ