PR

ライフ ライフ

【話の肖像画】福岡ソフトバンクホークス球団会長・王貞治(79)(6) 双子の姉…そして野球部の兄

 《中学時代に“運命の出会い”があった》

 本所中学(東京都墨田区)には野球部がなかったので、近所の大人たちがやっている「厩四(うまよん)ケイプハーツ」というチームに入り、本格的に野球を始めました。チームの仲間は僕が中学生のときに高校生くらいの年代で、大人たちに交じってやっているうちに、すっかり「高校生気分」になっていた。上のレベルで野球をすることで上達したのかもしれませんね。

 運命の出会いもありました。中学2年の11月、自宅近くの公園で野球をしていると、声をかけてきた男性がいました。荒川博さんです。後に“一本足打法”の師匠となる恩人で当時、毎日オリオンズ(現千葉ロッテ)2年目の現役選手。オフシーズンで偶然通りかかり、右打席で打っていた僕に「左で打ってみたら」とアドバイスしてくれた。言われるままに左打席で打つと、これが感触抜群の大きな二塁打となった。後に聞いたら「左で投げていたし、右打ちはぎこちなかったから」と笑っていた。いま思えば“人生を変える出会い”でした。(聞き手 清水満)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ