PR

ライフ ライフ

累計発行1000万部超、人気ラノベ「俺ガイル」完結 「面倒くさい子たち」と歩んだ9年間

人気ライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の作者、渡航さん。「人生の3分の1近くをこの子たち(作中の登場人物)と過ごしてきた」と感慨深げに振り返った
人気ライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の作者、渡航さん。「人生の3分の1近くをこの子たち(作中の登場人物)と過ごしてきた」と感慨深げに振り返った

 俺は、本物が欲しい-。「うわべの関係」ではない、「本物」を追い求める高校生たちの青春群像劇を描いたライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」(小学館ガガガ文庫)が完結した。主に若い読者の共感をつかみ、累計発行部数は全世界で1千万部を突破。「きっちり書ききったな、と思います」。作者の渡航さん(32)が、「俺ガイル」「はまち」の愛称で親しまれる同作と歩んだ日々を振り返った。(文化部 本間英士)

足かけ9年越しの完結

 もういいから、お前らさっさとラブコメしちゃえよ-。ちっとも進展しない主要人物3人の関係に、多くの読者がやきもきしたはずだ。平成23年の第1巻発売後、これまでに短編集を含め17冊が刊行された「俺ガイル」。昨年11月刊行の14巻でついに完結した。

 「(読者には)長い間お付き合いいただき、感謝しかありません。現実がこんなに面倒くさいのに、なぜ文章量もキャラクターも面倒くさいこの作品を読まないといけないのか、というのが本音だったと思います。ぶっちゃけた話、書く方も面倒くさくて…(笑)。企画段階から足かけ9年ほど。きっちり書ききったな、と思います」

 同作の主人公は、自虐的な発想と行動ゆえに友達がおらず、「(独り)ぼっちこそ最強」という間違った悟りを開いた男子高校生、比企谷八幡。この八幡が2人の女子と出会ったことから、物語が動き出す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ