PR

ライフ ライフ

【持たない幸福 レス時代の暮らし】(上)身軽に移動 広がる活動 アドレスホッパーとは

 決まった自宅を持たず、鳥が渡るように転々と移動しながら暮らす-。生き方の理想を「夢のマイホーム持ち」と逆に置く「アドレスホッパー」と呼ばれる人が、少しずつ増えている。

 アドレスホッパーを実践し、その暮らしや価値観を発信する市橋正太郎さん(32)に神奈川・鎌倉で会った。生活や仕事に必要なものを収めたバックパック一つでやってきた市橋さん。誰でも利用できる仕事場「コワーキングスペース」で仲間と落ち合い、事業の打ち合わせを始めた。この日は近くの定額住み放題サービスの家に滞在するという。

■宿泊費は月10万円

 帰る自宅を持たず、地域との交流を目指す点でバックパッカーではない。住所不定だが仕事はあり、住民税や所得税を納めている。

 市橋さんがそんなアドレスホッパー生活を始めたのは平成29年12月。「世の中の変化に取り残されないように」するためだった。

 京都大を卒業後、IT大手「サイバーエージェント」などに勤めた。以前は家賃13万円の家に住み、会社ではほぼ決まった人間関係のなかで、一日の大半を過ごした。暮らしは安定していたが、変化がスピードを増す時代に、安定はかえって淀(よど)みを生み、リスクになるとも思えた。

 「だったら自分を一番縛っている、住居を『変動化』してみよう」。住んでいた家を出た。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ