PR

ライフ ライフ

アシカが書き初め 茨城県の大洗水族館

今年の漢字一文字に選ばれた「栄」を書くアシカのゴエモン=4日午前、茨城県大洗町(三浦馨撮影)
今年の漢字一文字に選ばれた「栄」を書くアシカのゴエモン=4日午前、茨城県大洗町(三浦馨撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 茨城県大洗町にあるアクアワールド茨城県大洗水族館で4日、人気者のアシカが新春恒例の書き初めに挑み、今年の漢字として「栄」の一文字を墨痕鮮やかに書き上げた。

 大役を担ったのはカリフォルニアアシカのゴエモン(オス・10歳)。今年の東京五輪で、出場選手たちが手にする「栄光」などにちなんで同水族館が選んだ栄の文字を、口にくわえた筆を使って器用にバランスよく書き上げ、会場へ詰めかけた親子連れらから大きな拍手と歓声を浴びた。

 パートナーを務めた水族館トレーナーの会田優希さん(22)は「年末から練習したが、きょうが一番うまくいった。(ゴエモンとの)呼吸が合いました」と会心の笑みを見せた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ