PR

ライフ ライフ

中国・武漢で原因不明の肺炎 発症者44人で重症者は11人

 【北京=三塚聖平】中国中部の湖北省武漢市で、原因不明のウイルス性肺炎の発症が相次いでいる。同市の発表によると、4日までに44人の発症が確認され、このうち11人が重症という。当局は感染拡大の阻止や、情報の管理に躍起になっている。

 昨年12月から相次ぎ確認されたウイルス性肺炎の原因は、なお不明。主な症状は発熱で、一部の患者は呼吸困難に陥っている。武漢市内の医療機関で発症者を隔離治療しているほか、発症者に接触した121人について経過観察を続けているという。

 発症者の一部には市内の海鮮市場関係者や、市場の付近住民が含まれていた。このため市当局は、同市場の営業を当面停止するよう1日に命じている。

 鳥インフルエンザなど症状が類似する感染症の可能性は、すでに排除されている。発症者に加えて医療従事者など、人から人への感染は報告されていない。

 2003年に中国各地などアジアを中心に感染が広がった新型肺炎(SARS)が再発生したとする情報がネット上で一時、出回った。そういった事態に対して現地の公安当局は「事実ではない情報を拡散した」などとして、8人を法にのっとって処分したことを4日までに明らかにしている。

 SARSの感染拡大により、当時は世界で計800人以上の死者が出た。広東省で最初に発生したとされ、隣接する香港など影響地域では観光客が激減するなど経済的打撃を受けた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ