PR

ライフ ライフ

【ビブリオエッセー】世界を正しく見るために 「ファクトフルネス」ハンス・ロスリング、オーラ・ロスリング、アンナ・ロスリング・ロンランド著 上杉周作、関美和訳(日経BP社)

 サブタイトルは「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」。すべての人に思考の変革を迫る一冊だ。私たちの頭には子供時代にインプットされた情報が強く刻まれている。一方で、その後の急速に変化した現実による上書きは不十分。現在、世界の平均寿命がおよそ70歳と知り、驚いた。

 「世界の80%の人が電気を使っている」「世界の1歳児の80%はなんらかの予防接種を受けている」「世界で最も多くの人が住んでいるのは中所得国」など驚きのデータ。いつの間に、世界はこんなに進歩していたのだろう。

 大半の人々はこのような現実を知らない。なぜか。世界中を旅し、学び、あらゆる大陸で異なる宗教、所得階層の人たちと仕事をしてきた著者ならではの鋭い分析と視点が、その理由を解き明かす。

 大抵の人の見方はこうだ。世界は分断されている(分断本能)、世界はどんどん悪くなっている(ネガティブ本能)、世界の人口はひたすら増え続ける(直線本能)、危険でないことを、恐ろしいと考えてしまう(恐怖本能)…すべては思い込みだという。このほか過大視本能やパターン化本能、宿命本能などが私たちの判断を誤らせる。

 メディアは当たり前のことやじわじわ進歩することは取り上げない。注目するのはいつも異常な出来事や悪いニュース。だからみんな、世界の変化に気がつかない。

 本書の「事実に基づく世界の見方」は見落とされがちだが大切な「思考の指針」を教えてくれる。ハンス・ロスリングが本書を残してくれたことに感謝したい。

 大阪市住吉区 中元正弘72

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ