PR

ライフ ライフ

乳がん識別、専門家上回る グーグルのAI画像検診

 米グーグルは乳がん検診で使われるマンモグラフィー(乳房エックス線撮影)の画像で、人工知能(AI)のシステムが、専門家より高い精度で乳がんを識別できたと発表した。将来的に医師による乳がんの早期発見を支援したい考えだ。

 乳がんは早期発見が重要だが、検診での見落としが課題となっている。グーグルは医療現場での応用に向け、英米の研究機関や病院などと協力している。

 英米の9万人超の画像データでAIに学習させ、乳がんを見分けるシステムを開発。英国で2万5千人超、米国で3千人超の画像データの診断したところ、英国で乳がんの見落としは2・7%、米国で9・4%、それぞれ減少。誤って乳がんと識別した比率も減ったという。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ