PR

ライフ ライフ

【歴史の交差点】指導者に必要な10条件 武蔵野大特任教授・山内昌之

 政治家は道徳家ではない。それにしても、最近の日本政治を見ていると、徳目とまでいかなくても社会常識を欠いた人物が多すぎるのではないか。もっとも、歴史的なリーダー論でも、現代にそのまま通用しそうにもない指摘もある。例えば、トルコ人の一賢人が、指揮官には動物の性質のうち10種類が必要だと述べた資質はどうだろうか。

 (1)獅子の勇猛さ、(2)猪の突進性、(3)狐(きつね)の敏捷(びんしょう)さ、(4)負傷した犬の忍耐強さ、(5)狼の略奪性、(6)鶴の用心深さ、(7)雄鶏の寛容さ、(8)雛(ひな)への牝鶏の情愛、(9)鴉(からす)の警戒心、(10)タァルンの肥満ぶり。タァルンとはイラン北東部に住む四つ足の動物であり、旅に出るか苦労すると肥満するたちらしい(イブン・アッティクタカー『アルファフリー』1、一章)。270年続いた徳川将軍家でも10の条件を満たす者は、初代の家康を別格とすれば吉宗くらいであろうか。

 8代将軍吉宗は軍事演習としての狩に出たとき、「部隊」を指揮する技量と部下の統率力において群を抜いていた。享保2(1717)年の初狩で向島付近に出た折の、(1)や(2)を思わせる鮮やかな統率力に言及した史料もある。馬上の采配で数千の人数を下知する一方、「又ある時は単騎にて諸番の隊に乗込給ひ、御みづから番士を指揮し給ひ、しかじかの旨を番頭に申すべしなど宣ひし事もありき」。また、享保6年の鹿狩では、猛進してきた野猪の額の真中をひたと一打で倒したのは有名だ。まさに、(2)をもって(2)を制したともいえよう(『有徳院殿御実紀附録』巻十二、十三)。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ