PR

ライフ ライフ

【歴史シアター】光明皇后、藤原氏の一族…「宮寺」墨書土器 奈良・法華寺

 聖武天皇とともに仏教に深く帰依し、病人や孤児のために施薬院や悲田院などの福祉施設を作り、救済事業を行ったことで知られる光明皇后(701~760年)。父親である藤原不比等の邸宅を譲り受けて、寺院(法華寺)=奈良市法華寺町=を建立したという「続日本紀」の記述を裏付ける墨書土器が見つかっている。墨で書かれていた文字は「宮寺」。法華寺の前身寺院の名前と一致したが、出土したのは法華寺ではなく、少し離れた同時代の貴族邸跡。その主は不明ながら、宮寺の建立にかかわった人物とみられる。一体、どんな人物だったのだろうか。(編集委員・上坂徹)

     ◇

◆異例の臣下で立后

 「宮寺」と墨で書かれた須恵器が出土したのは、法華寺から南東約1・2キロで、平城京で採用されていた、都市を碁盤の目状に区画した条坊制では「左京二条四坊十坪」に当たる場所。これまでの発掘調査で、奈良時代中頃から後半にかけての邸宅跡を確認。「宮寺」の墨書土器はその一角から見つかった。

 光明皇后は、聖武天皇が皇太子だった霊亀2(716)年に妃となり、即位(724年)の5年後に皇后に立てられた。皇后は皇族であることが原則とされており、臣下からの立后は極めて異例のことだった。

 仏教の信仰にあつかった聖武天皇は、仏教に基づく国家運営を目指し、東大寺の盧舎那仏(大仏)造立や、全国での国分寺、国分尼寺の建立などを進めた。聖武天皇と同様、仏教に深く帰依していた光明皇后がむしろ、こうした動きを主導したとみられる。

◆父の遺宅を寺院に

 養老4(720)年に亡くなった不比等から、宮域近くの邸宅を受け継いだ光明皇后は、ここを皇后宮(皇后が住む宮殿)とした。「続日本紀」には、天平17(745)年、「旧の皇后宮を宮寺とす」とある。出土した「宮寺」の墨書土器がこうした史実を裏付けている。

光明皇后が建立した法華寺 =奈良市法華寺町
光明皇后が建立した法華寺 =奈良市法華寺町
その他の写真を見る(1/2枚)

 この宮寺は、法華滅罪之寺(ほっけめつざいのてら)(法華寺)と称し、聖武天皇は東大寺を国分寺の中心である総国分寺としたのに対し、法華寺を総国分尼寺としている。

 一方、「宮寺」の墨書土器が見つかった邸宅跡だが、宅地としては北側の「九坪」と一体で利用していたとみられ、その規模は二町(約3万平方メートル)に及ぶ。その中で、掘っ立て柱の塀跡に囲まれる形で、5棟の建物を確認。中心部分には4面に廂(ひさし)を持つ東西18メートル、南北12メートルの建物と、その南側に東西12メートル、南北3メートルの建物が軒を接するように建てられていたようだ。両棟から床を支える柱穴が見つかっていることから、床板を張って一体的に使用していたとみられる。形状からは、公的な施設として使われていた可能性があるという。

(次ページ)自害に追い込まれた天武天皇の孫…そして

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ