PR

ライフ ライフ

レジ袋有料化でガイドラインを提示 1枚1円以上、告知活動も説明

 経済産業省と環境省は25日、来年7月に開始するプラスチック製レジ袋の有料義務化に向けたガイドラインを公表した。スーパーやコンビニエンスストアなど幅広い業種で、事業の規模にかかわらず全国一律で有料化を義務付ける。袋の価格は各事業者の判断に任せるが、1枚1円以上とすることなどを明示した。同時に、制度の周知や、レジ袋の代わりに利用者がマイバッグを携行することを呼びかける取り組みを示した。

 同日開催の両省合同有識者会合で、大筋了承した。

 ガイドラインでは、商品購入の際に、商品を持ち運ぶために用いる化石資源由来で、使い切りのプラ製レジ袋を、省令に基づく有料化の対象と規定。このため厚さ0・05ミリ以上で繰り返し使えるものや、植物由来のバイオマスプラスチックの配合率が25%以上か、微生物が分解する生分解性の袋は有料化の例外とした。

 制度告知については、来年1月から事業者向けの相談窓口を設置するほか、確定申告にくる中小事業者を対象に、税務署でのチラシ配布や、テレビCMや各種イベントを開催するとしている。

 レジ袋有料化は、深刻な海洋汚染を引き起こしているプラスチックごみを削減する政府の取り組みの一環で、マイバッグを使うように、生活習慣を変えていくのが狙い。海外に比べ、日本は対応が遅れているとの指摘もあり、2020東京五輪・パラリンピック開幕に間に合うよう来年7月1日に実施する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ