PR

ライフ ライフ

大村知事が河村市長に反論 不自由展の展示批判は「憲法違反」

日本記者クラブで記者会見する大村秀章愛知県知事=24日午後、東京都千代田区
日本記者クラブで記者会見する大村秀章愛知県知事=24日午後、東京都千代田区

 愛知県で8~10月に開かれた国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の実行委員会の会長を務めた同県の大村秀章知事が24日、東京・内幸町の日本記者クラブで会見した。大村氏は、批判が殺到して一時中止した企画展「表現の不自由展・その後」で展示された昭和天皇の肖像を燃やして踏みつける動画や慰安婦像などを実行委の会長代行だった河村たかし名古屋市長が批判していることに「憲法違反そのものではないか」と反論した。

 大村氏は「75日間の会期を無事に安全、安心、円滑に終え、多くの方に楽しんでいただくということに心を砕いた」と振り返った。自身の役割については「芸術祭について『カネを出しても口は出さない』に尽きる。現にそうした。私が表現の内容について『これがいいからこうだ』『これが悪いからこうだ』とは言えない」と述べ、憲法21条が保障する表現の自由を尊重したと強調した。

 さらに「普通のことを普通にしてきたと思っている。しかし、それがそうではなかったということが極めて驚きだ。そういう社会になりつつあることへの驚きだ」と述べた。

 展示内容に対し、脅迫も含めた抗議が殺到したことについては「違う立場の人を認めない。違う意見を認めない。そして徹底的に攻撃する。攻撃にあたっては、事実でないことも片っ端から書き連ねて、相手をおとしめて、攻撃をして、そして自分の立場を確保する。こういうことがまかり通る今の日本の社会に驚きを持っている」と語った。

 大村氏は、河村氏について「名古屋市長も主催者だが、なぜか私に一言も言わずにマスコミを引き連れ、『日本人の心を踏みにじるもので、内容がけしからんからやめろ』と言った。大変驚きだった」と述べた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ