PR

ライフ ライフ

進学するなら農学部 続々新設のワケ

 近年、大学で農学系学部の新設が相次いでいる。食への関心が高まり、食糧危機などグローバルな課題が浮き彫りになる現代、企業の参入や最先端技術の活用などで農業のあり方が大きく変わろうとしている。農業の変革期を担う人材が広く求められる中、大学は農作物生産だけでなく農業ビジネス、情報科学にまで研究領域を広げて育成を急ぐ。(有年由貴子)

 「高齢化社会の到来で、健康に対する社会の関心が高まっている。その根源に関わっているのは『食』と『農』。社会や多くの企業が農学系の人材を求めるようになっている」

 こう話すのは、来年4月、大阪府内で唯一の農学部を開設する摂南大(大阪府寝屋川市)の荻田喜代一学長だ。関西では、京都大や神戸大などの国公立大のほか、近畿大(奈良キャンパス)など私立大もすでに農学部を抱える。少子化が進み、大学進学者数も減少傾向にある中、あえて“新規参入”に打って出る勝算はあるといい、現在、枚方キャンパス内に約1ヘクタールの農場やガラス温室5棟、ビニールハウス4棟などを整備中だ。

 「農学部は『小さな総合大学』と呼ばれるくらい関わる分野が幅広い学部。もちろん田畑もあれば最先端研究もあり、生物、栄養、健康、農業経済も含まれる」と荻田学長は強調する。新学部も農作物生産や最先端バイオテクノロジーといった理系の学問だけでなく食育や流通・消費傾向など文系まで学べる「文理融合型」であることが特徴だ。農業だけでなく、食品業界など幅広い分野で活躍できる人材を育てることも意図している。

人気急騰

 関西では近年、農業系学部の設立が相次いでいる。平成27年に龍谷大が私立大としては35年ぶりの農学部となる文理融合型の学部を新設。30年には立命館大が経済学・経営学をベースに「食」について学ぶ食マネジメント学部を開設した。文科省の統計によると、農学系の学科で学ぶ学生数は15年度では6万9447人だったのが30年度には7万6930人と増加傾向にある。

 農業系学部人気の理由の一つに、農業経営への企業参入が急増していることがあげられるという。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ