PR

ライフ ライフ

【動画あり】金剛山で初冠雪 昨年より9日遅く

前のニュース

初冠雪した金剛山の山頂付近=23日午前11時、大阪府と奈良県境(本社ヘリから、寺口純平撮影)
初冠雪した金剛山の山頂付近=23日午前11時、大阪府と奈良県境(本社ヘリから、寺口純平撮影)

 西日本の南海上を通過した低気圧の影響により、大阪府と奈良県にまたがる金剛山(標高1125メートル)で23日朝、今季の初冠雪を観測した。昨年と比べて9日遅かった。

 大阪府千早赤阪村(ちはやあかさかむら)などによると、金剛山では22日午後3時ごろから雪が降り始め、23日午前8時には山頂付近で積雪約15センチを記録。本殿裏が山頂となる金剛山葛木(かつらぎ)神社(奈良県御所(ごせ)市)の周辺も雪に包まれ、あたりは冬景色に一変した。

 大阪管区気象台によると、22日は近畿各地に雨を降らせる低気圧が通過していた。23日朝の近畿地方の最低気温は、大阪市4・6度▽神戸市5・6度▽京都市4・8度▽奈良市3・0度▽和歌山市4・3度▽大津市4・6度だった。

次のニュース

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ