PR

ライフ ライフ

ワンコインで昼食を 高齢者が見守る地域食堂

積極的に声をかけて接客する河野カツ子さん(右から2人目)=東京都大田区の「元気かあさんのミマモリ食堂」(酒巻俊介撮影)
積極的に声をかけて接客する河野カツ子さん(右から2人目)=東京都大田区の「元気かあさんのミマモリ食堂」(酒巻俊介撮影)

 高齢者も一人で気軽に訪れて、手作りの温かい食事をとりながら、おしゃべりを楽しむ-。そんなコミュニティー食堂で調理と接客を担うのは、地元の高齢者ら。同じ地元の高齢者をさりげなく見守る“仕事”が生きがいになっている。

 ■会話に引き込む接客

 東京都大田区の大森柳本通り商店街にあるコミュニティー食堂「元気かあさんのミマモリ食堂」は毎週金曜、昼時のみの営業で、500円のワンコイン定食を提供する。

 店内で利用客に積極的に声をかけ、会話に引き込むスタッフがいた。接客担当の河野カツ子さん(80)。食堂がオープンした平成27年当初から活動に携わるベテランだ。

 「食事を自分1人分だけ作るのが面倒で訪れる高齢者は少なくありません。来ていただいたのだから、楽しく話してもらおうと心がけています」と河野さん。「初めての方がまた足を運んでくれて、おなじみさんになってくれるのがうれしいです」と目を細める。

 活動に取り組むのは任意団体「おおた高齢者見守りネットワーク」(愛称・みま~も)。同区地域包括支援センター入新井が核となり、地元商店街や介護保険事業者などの協力を得て組織する。調理と接客にあたるのは、みま~もの事業に賛同する住民(サポーター)ら約100人のうち、衛生指導などを受けた60~80代の約20人。今夏からは初めて男性も従事している。

■「働くためには元気で」

 メニューは500円定食1種類で、1日限定20食。この日は、サバとキノコのあんかけハンバーグ、モヤシの彩りナムル、ヒジキのおにぎり、豆腐と油揚げのみそ汁。正午過ぎには完売する盛況だ。レシピは協力団体の保険調剤薬局「薬樹」(神奈川県大和市)の管理栄養士が、1食500キロカロリー台で提案する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ