PR

ライフ ライフ

法隆寺以外も足運んで 奈良・斑鳩町がシェアサイクル導入

斑鳩町が導入したシェアサイクル「PiPPA(ピッパ)」=奈良県斑鳩町
斑鳩町が導入したシェアサイクル「PiPPA(ピッパ)」=奈良県斑鳩町

 奈良県斑鳩町は、観光客や市民に自転車を貸し出す「シェアサイクル」の活用促進に関する協定を民間企業3社と締結し、令和4年10月までを実証期間として利用を開始した。

 協定は、斑鳩町観光協会▽シェアサイクルサービス「PiPPA(ピッパ)」を提供するオーシャンブルースマート(東京都)▽利用データを分析するNECソリューションイノベータ(同)-と締結。同町は聖徳太子1400年御遠忌(ごおおんき)を2年後に控え、滞在型観光の推進に力を入れており、観光の起点となる法隆寺周辺からのアクセス改善が課題となっていた。

 駐輪場の「法隆寺iセンター」(斑鳩町法隆寺)に、ピッパの自転車10台を配置。導入されたのは東京都、京都市、宮崎市、和歌山県有田市に次いで5例目といい、町は町外への拠点拡大も検討している。

 利用者はスマートフォンの専用アプリをインストールした上で、利用手続きを済ませば、自転車の鍵部分にスマホをかざすだけで利用できる。24時間対応しており、アプリでは利用可能台数などの情報をリアルタイムで確認できる。

 中西和夫町長は「町内には法隆寺のほかにも、法輪寺や法起寺などがあるが、徒歩で移動するには時間がかかる。自転車で散策しながら、斑鳩の田園風景も堪能してほしい」と話した。

 料金は30分100円からで、6時間500円など定額制の「デイパス」も用意。月額利用もできる。問い合わせはピッパのコールセンター(0120・288・870)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ