PR

ライフ ライフ

「今年の大発見」にブラックホール撮影

 撮影に成功したブラックホール(中央の黒い部分)と、周りを取り巻くガスから出る光(国立天文台などの国際チーム提供)
 撮影に成功したブラックホール(中央の黒い部分)と、周りを取り巻くガスから出る光(国立天文台などの国際チーム提供)

 米科学誌サイエンスは19日、今年一番の科学ニュース「2019年の大発見」に、日本を含む国際チームによるブラックホールの輪郭の撮影成功を選んだと発表した。「チームワークと技術が生んだ驚くべき偉業だ」と評価した。

 チームの国立天文台水沢VLBI観測所(岩手)の本間希樹所長は「これを励みに、さらに協力して優れた成果を上げたい」と話した。

 チームは17年4月、世界6カ所の望遠鏡で地球から5500万光年離れた「M87銀河」の超巨大ブラックホールを同時に観測。データを統合し、2年かけて作成した画像を今年4月に公表した。日本が運用に関わる南米チリのアルマ望遠鏡も大きな役割を果たした。

 ブラックホールは光さえ逃れられない強い重力を持った超高密度の天体。存在は理論的に予測されていたが、姿は捉えられていなかった。今後はさらに望遠鏡を増やし、精密な観測を試みる。「今年のがっかりニュース」として、大規模に広がった南米アマゾンの森林火災を挙げた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ