PR

ライフ ライフ

自民・岸田政調会長「かけがえない存在だった」 望月元環境相死去

首相官邸入りする自民党・岸田文雄政調会長=19日午前、首相官邸(春名中撮影)
首相官邸入りする自民党・岸田文雄政調会長=19日午前、首相官邸(春名中撮影)

 自民党の岸田文雄政調会長は19日、自らが会長を務める岸田派(宏池会)の事務総長の望月義夫元環境相が死去したことについて「長年、行動を共にした仲間で、事務総長として私を支えてくれた。政治の同志であり、かけがえのない存在だった。まさに断腸の思いだ」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。

 岸田氏は「(望月氏の)高い志を受け継ぎ、努力することで、功績に報いていかなければならない」と強調した。

 19日に開かれた岸田派の会合でも出席者が黙祷(もくとう)をささげた。林芳正座長は「大変長い付き合いなので、なかなか言葉が見つからない。悲しみを乗り越え、一致団結して頑張っていこう」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ