PR

ライフ ライフ

村上春樹さんが発表前の最新短編を自ら朗読 東京都内でのイベントで、川上未映子さんらとトークも

朗読とトークを交えたイベントを開いた村上春樹さん=17日夜、東京都内((c)新潮社)
朗読とトークを交えたイベントを開いた村上春樹さん=17日夜、東京都内((c)新潮社)

 今年デビューから40周年を迎えた人気作家の村上春樹さん(70)が、作家の川上未映子さん(43)とともに朗読やトークを行うイベント「冬のみみずく朗読会」が17日夜に東京都内で開かれた。川上さんによる村上さんへのインタビューを収めた「みみずくは黄昏に飛びたつ」(新潮社)の文庫化を記念して企画された。村上さんは未発表の最新短編を自ら朗読し、会場を埋めた約400人のファンを沸かせた。

 村上さんが朗読した新作は、地方の温泉旅館で住み込みとして働く人の言葉を解する奇妙な「品川猿」の身の上話をつづる。年明けにも雑誌に発表する予定という。

 「数週間前に書き上げたばかりの新しい小説です。恩を売るわけじゃないけれど、(披露するのは)今日のみなさんが初めてです」。濃紺を基調にしたシックな服装で登壇した村上さんはそう切り出し、朗読用に短縮した新作を読み上げていった。人の言葉をしゃべる「猿」の声音を手ぶりを交えてコミカルに表現する朗読は、何度も聴衆の笑いを誘っていた。

 朗読の合間に行われた川上さんらを交えた座談会では、原稿を書き終わってからどの出版社に渡すかを決める-という村上さん独特の手法が話題に。「(作品を)書いているときは、僕は『書いてます』とは絶対に言わない。締め切りは嫌い。だから締め切りのある仕事はしないんです」と創作の舞台裏を披露する村上さんの言葉を訪れた人々は真剣な表情で聞いていた。

 村上さんは平成30年、母校の早稲田大が開いた「早稲田大学国際文学館(通称・村上春樹ライブラリー)」設置構想をめぐる記者会見に出席。今年6月にも自身が出演するラジオ番組の公開収録に臨むなど、これまでほとんど姿を見せなかった公の場での露出を増やしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ