PR

ライフ ライフ

【告知】台湾・花蓮で日本開拓団の足跡をたどる旅

ツアーで訪れる予定の太魯閣(タロコ)渓谷
ツアーで訪れる予定の太魯閣(タロコ)渓谷
その他の写真を見る(1/5枚)

 台湾東部・花蓮に日本統治時代の面影を訪ねるツアーを来年2月26日から4日間の日程で開催します。産経新聞社が企画しました。

 花蓮は自然条件が厳しく、台湾原住民の居住地でもあり開発が遅れていましたが、日本統治時代に官斡旋(あっせん)による日本人移民が増加。「吉野村」や「豊田村」などの「移民村」が誕生しました。

 一方、開拓の背景には、第5代台湾総督佐久間左馬太と台湾総督府が、山地の原住民を服属させるため推進した「五箇年理蕃計画」がありました。ツアーでは自然の険しさを伝える太魯閣(タロコ)渓谷などにも足をのばし「台湾東部発展史」を解説していきます。

 2月26日出発、29日帰国。発着は羽田空港、または関西空港。代金はいずれも1人18万円(1人1室利用、諸税・燃油別)。

 問い合わせはオーバーシーズ・トラベル03・3567・1202(平日午前9時半~午後6時半)、またはホームページhttps://www.travelota.jp/tour/search?RT_CD=RT19&S_CD=01&CLASS_CD=NINSHIKI26FEBまで。

「産経 日本を楽しむプロジェクト」SNSアカウント

公式SNSアカウント

Facebook Twitter

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ