PR

ライフ ライフ

人工心肺なしで心臓弁形成手術に成功 阪大で国内初

記者会見する大阪大の澤芳樹教授=16日、大阪府吹田市
記者会見する大阪大の澤芳樹教授=16日、大阪府吹田市

 人工心肺を用いずに心臓を動かしたまま、心臓内の血液の逆流を防ぐための弁を形成する手術に国内で初めて成功したと、大阪大の澤芳樹教授の研究チームが16日、発表した。人工心肺の使用による脳梗塞など合併症のリスクを克服でき、患者の体への負担が軽くなるという。今後、保険適用を目指す。

 肺から心臓に戻った血液は左心房から左心室に流れて全身に送り込まれる。今回形成に成功したのは、左心房と左心室の間にあって血流の向きを制御する僧帽(そうぼう)弁。弁の開閉をコントロールする腱(けん)が切れたりすると、血液が逆流するなどし、心不全や不整脈などを招く恐れがある。

 これまでの弁形成手術では、心臓を一時的に止めても全身の血流を維持するために人工心肺が用いられてきたが、脳梗塞などの合併症を引き起こすリスクがあった。

 チームは今月4日、60~70代の僧帽弁閉鎖不全症の患者2人への手術を実施。動いたままの心臓に穴を開けて特殊な医療機器を挿入し、超音波で確認しながら弁の腱組織を再建することに成功した。人工心肺を用いた手法に比べ、手術時間が短縮し、術後の回復も早かったという。

 澤教授は「高齢者など人工心肺を用いるリスクが高く、心臓手術に踏み込めなかった患者さんに対しても治療が可能になる」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ